脂肪酸 多すぎず、少なすぎず、バランス良く摂らなければならない脂肪酸

脂肪酸とは?脂肪酸の機能は?

脂肪酸とは、食品中に含まれている脂質の主な成分で、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸の3つに分けられる。 飽和脂肪酸は、肉や乳製品などの動物性食品に多く含まれている。飽和脂肪酸を摂りすぎると中性脂肪や悪玉コレステロールを増やす元となり、動脈硬化になる恐れがある。 一価不飽和脂肪酸は、植物性油脂に多く含まれている。オリーブオイルやキャノーラ油などに含まれているオレイン酸などである。酸化しにくく動脈硬化などになりにくいため、調理などでも多用されている健康油である。 多価不飽和脂肪酸は、主に魚などに含まれている。リノール酸やリノレン酸など、体内では生成されない必須脂肪酸、また健康食品などでもよく目にするDHAEPAなどもこれに該当する。 脂肪酸は上記3種をバランス良く摂ることが非常に大切だとされている。その割合は3:4:3と厚生労働省は推進している。
<< 戻る
注目の健康用語辞典
成分辞典 食品辞典 目的別辞典
フラボノイド 玄米 ダイエットーガルシニア
ナットウキナーゼ 納豆 ダイエットーカプサイシン
リコピン アガリクス 便秘改善ーサイリウム
大豆ペプチド 冬中夏草 サラサラ血ーコエンザイムQ10
ビフィズス菌 ブルーベリー 糖尿病ーグァバ
ラクトフェリン ケール コレステロールースピルリナ
オリゴ糖 マカ 目の健康ータウリン
キチン・キトサン アシタバ(明日葉) 疲労回復ーガラナ
ヒアルロン酸 もろみ酢 ストレス解消ーギャバ
カテキン ノニ 腰痛、肩こりーショウガ
病気・症状辞典 健康関連用語辞典
生活習慣病 コレステロール
糖尿病 体脂肪率
歯周病 中性脂肪
骨粗しょう症 特定保健用食品
自律神経失調症 栄養機能食品
痴呆症、アルツハイマー 血液検査
睡眠障害 尿検査
睡眠時無呼吸症候群 心電図検査
うつ病 BMI値

成分別一覧 | 食品別一覧 | 目的別有効成分・食品一覧 | 病気・症状用語 | 検査・数値用語 | 健康食品用語 | ボディーワーク用語 | 50音順一覧
HOME - メガデタネットとは - 免責事項 - サイトマップ

copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。