Lカルニチン Lカルニチンは脂肪燃焼に注目が集まる元医薬品成分

Lカルニチンとは?Lカルニチンの効果、効能は?

Lカルニチンとは、肝臓や腎臓で、アミノ酸であるリジンとメチオニンから合成される栄養素。Lカルニチンは、ブドウ糖や遊離脂肪酸を筋肉細胞へと受け渡す役割をしている。Lカルニチンの働きによって、脂肪が燃焼されるため、脂肪燃焼ダイエットや持久力の向上などの効果で注目されている。Lカルニチンは20代を境に減少すると言われており、そのため近年ではサプリメントとしても数多く商品化されている。ちなみに、つい最近まで、Lカルニチンは医薬品としか認められていなかったが、規制緩和により健康食品への配合が認められるようになった。
<< 戻る
注目の健康用語辞典
成分辞典 食品辞典 目的別辞典
フラボノイド 玄米 ダイエットーガルシニア
ナットウキナーゼ 納豆 ダイエットーカプサイシン
リコピン アガリクス 便秘改善ーサイリウム
大豆ペプチド 冬中夏草 サラサラ血ーコエンザイムQ10
ビフィズス菌 ブルーベリー 糖尿病ーグァバ
ラクトフェリン ケール コレステロールースピルリナ
オリゴ糖 マカ 目の健康ータウリン
キチン・キトサン アシタバ(明日葉) 疲労回復ーガラナ
ヒアルロン酸 もろみ酢 ストレス解消ーギャバ
カテキン ノニ 腰痛、肩こりーショウガ
病気・症状辞典 健康関連用語辞典
生活習慣病 コレステロール
糖尿病 体脂肪率
歯周病 中性脂肪
骨粗しょう症 特定保健用食品
自律神経失調症 栄養機能食品
痴呆症、アルツハイマー 血液検査
睡眠障害 尿検査
睡眠時無呼吸症候群 心電図検査
うつ病 BMI値

成分別一覧 | 食品別一覧 | 目的別有効成分・食品一覧 | 病気・症状用語 | 検査・数値用語 | 健康食品用語 | ボディーワーク用語 | 50音順一覧
HOME - メガデタネットとは - 免責事項 - サイトマップ

copyright all right reserved intelligence technology inc,
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。